◆メンタル系の治療に強い治療院、セラピー、カウンセリングのスポンサー様紹介です◆

神奈川県のたかや治療院さん・・・オステオパシーや鍼灸で痛みやアレルギー治療がメインですが、うつやパニック障害、不安感、イライラを治療しています。

東京のほとりさん・・・ポラリティセラピーというセラピーで痛みやメンタル系の治療をおこなっています。

メンタルボディケア吉祥寺・・・自律神経失調症、パニック障害、うつ病を薬を使わず根本改善させています。

2012年11月06日

会社、辞めますか?

会社に行き始め、思った。
私がいなくても、仕事は順調に進んでる。
私の存在って・・・?

バブル崩壊により、仕事が減り、定時退社することも可能になってきた。

私は、お華と油絵を習い始めた
お華は家に持って帰れるので、実家でおさらいし、床の間に飾った。

両親は、私がすっかりよくなったのだろう、と喜んでいたに違いない。

しかし、私は復職1日目から過食嘔吐を始めたのだ。
入院生活は何?
信じられないほど易々と・・・。

そこに持ってきて、新しく始めたお稽古事が負担になった。
稽古の前にアルコールを入れないと、やってられない。

会社では、大会社の人々が
「いつでもリストラできるんだよ」
と、私の会社の人々を脅すようになっていた。
経済がそれ程傾きかけていたのだ。

もう、プログラマとしての才能ないし、やってられない・・・。

私は部屋を抜け出し、1階のロビーでタバコを吸った。
精神安定の薬を飲みながら。

ぐっすり寝てしまい、課に知らされて課長が迎えにきたこともある。

工場なので、医務室があった。
「頭が痛くて・・・」
「間違えて薬を飲んでしまって・・・・」
色々な理由をつけて、ふかふかのベッドで眠った。
余りにも頻繁に来るので、医師がいぶかしがるようになった。

ここの会社人生、終わったな・・。

病院に通うようになったとき、
「この料金ってどのように計算されてるんだろう」
と、思ったことがある。

それを知るためと、今後の再就職のために
「医療事務」講座に通うことにした。
普通は週2回2時間のところを、土曜日は4時間みっちりやってくれる。

どうしても行く気がしないときは、アルコールなどを飲んで
時間を潰した。

もう、今の会社にいる理由はない。
大好きな先輩は去ってしまった
新しい、賢い後輩にいらいらする
仕事も減ってきた
また、論文を書かなければならないが・・
・・・気力Nothing状態

今度はクリニックの受付で働きたい、と思っていた。
コンピュータから離れて。


posted by naka at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | 放浪記(序章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。