◆メンタル系の治療に強い治療院、セラピー、カウンセリングのスポンサー様紹介です◆

神奈川県のたかや治療院さん・・・オステオパシーや鍼灸で痛みやアレルギー治療がメインですが、うつやパニック障害、不安感、イライラを治療しています。

東京のほとりさん・・・ポラリティセラピーというセラピーで痛みやメンタル系の治療をおこなっています。

メンタルボディケア吉祥寺・・・自律神経失調症、パニック障害、うつ病を薬を使わず根本改善させています。

2012年11月04日

病院、卒業

今度の入院では、特に点滴もなく、のんびりと過ごすことができた。
隣室の患者さんはまだいたが、メンバーは殆ど入れ替わっていた。

ディルームで、色々な患者さんとお話する。
駅前まで散歩し、花屋の店頭にある、美しい花々に
心打たれる。
銭湯でのんびりと湯につかる。

前回のキリキリした気分がすっかりと消え、とても楽になった。
「やり直すことができる」
と思った。

勿論、過食嘔吐はしなかった。

2週間の入院。
退院前日に、仲よくなった男性が映画に誘ってくれた。
久しぶりの電車に恐々と乗り、デートを楽しんだ。
患者さんたちも好意的で、私たちの仲を応援してくれた。

前回の退院時、点滴がもれて腕がパンパンに浮腫み、
泣き泣き帰った。

今回は笑って、患者さんや看護師さんに手を振ることが
できた。

「過食嘔吐の代わりに、何か習い事などをすればいいですね」
と先生はおっしゃった。
何をしよう・・・。
お華も習いたいし、絵もやりたい・・・。
早く帰る日を決めて、習い事も始めよう。
希望にあふれる4月。

治った・・・、と思った。


posted by naka at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | 初めての入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

再入院

退院し、自宅でぼんやりしていた。
過食嘔吐は、流石にしていない。
口淋しい時を恐れ、低カロリーのイカの燻製を
際限なく食べていた。

これで、私は治ったのだろうか?
体重は38Kgになったけど、過食嘔吐しないで
ストレスなどを誤魔化せるようになったのだろうか?

全く、自信がなかった。
今は家でじっとしているから、今後の社会生活がどのように変わるのか、
全く分からない。

朝5時に目が覚めて、人気のないシンシンとしたデイルームで
缶コーヒーを飲みながらタバコをふかす。

それが一番安らぐ時間だった。
今ではもう取り戻せない時間。

外来で先生にお願いした。
「もう一度入院させてください」
入院期間が短く、私が完全に回復していないことが分かったのか、
「では、あと2週間入院しましょうか」

早春、私は懐かしくイライラしていた病院のベッドに
寝ていた。
posted by naka at 13:06| 東京 ☀| Comment(0) | 初めての入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

イライラ病院生活

1週間たち、点滴が1本になった。
結構時間が空き、外出して駅前のショッピングモードに行ったり、
花屋の店先に早春を感じたりしていた。

ある日、ショッピングモードの本屋で隣室の患者さんを見つけた。
彼女が食い入るように読んでいるのは「カロリー表」。
ショックを受けた。私もカロリー関連の本を立ち読みしようと
していたから。

同じなんだ。

コンビニに寄り、禁断のチョコレート、スナック菓子、菓子パンなどを
買った。
そして、帰りながらそれらを食べ尽くし、病院に着くや否や
トイレで吐いた。
こんなに落ち着いて過ごしていたのに、もう元のさやに納まってしまった。
先生にも言えない。

就寝時間が早いので、朝は4時頃目覚めてしまう。
デイルームのストーブの前で、缶コーヒーを飲みながらタバコを
ふかすのが習慣となった。
次第に患者さんたちが集まってくる。そして、自分の病状話を
始める。

ベッドを明るい窓際に移してもらった。
すると、私のベッドカーテンに入り込み、外の猫に餌をやる
老婆がいる。

入院したときの、白いシーツ。
救われた、という気持ち。

だんだん、汚されていった。
「もう、病院の生活はイヤ!」
強く感じ、イライラしていた頃、退院許可が下りた。
posted by naka at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | 初めての入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。