◆メンタル系の治療に強い治療院、セラピー、カウンセリングのスポンサー様紹介です◆

神奈川県のたかや治療院さん・・・オステオパシーや鍼灸で痛みやアレルギー治療がメインですが、うつやパニック障害、不安感、イライラを治療しています。

東京のほとりさん・・・ポラリティセラピーというセラピーで痛みやメンタル系の治療をおこなっています。

メンタルボディケア吉祥寺・・・自律神経失調症、パニック障害、うつ病を薬を使わず根本改善させています。

2012年11月08日

姉の勘当

その頃、家でも変化が起こっていた。
百貨店の仕事を辞め、歯科衛生士の資格を取った姉が
歯科医の寮から家に戻ってきた。

姉は妊娠していた。
モト百貨店の出入り業者の人と・・・しかも不倫。

私だけが知っていた。

お腹を隠してお風呂に入る姉。
信じられない・・・。私がそうなったら、まずは降ろすと思う。
愛・・・?結婚願望?(姉は○○歳に結婚・・というような
人生設計を立てていた)

やがて、全ては明るみに出て、相手の人が挨拶に来た。
頑なに拒否する父。
そして、和解のないまま、姉は出て行った。
勘当されて・・・・。駆け落ち・・・・。

「あんたは知ってたんだ!どうして知らせなかったんだexclamation&question

母親に責められた。
涙を流しながら、それは仕方無い、と思った。
美人でかわいい、小さい時から気が強い姉。
逆らうことができなかった。
一度逆らうと、近所友達からも敬遠されてしまう。

そんな姉の秘密を、たとえ母であろうと打ち明けることはできなかった。

洗濯モノを畳みながら、母と口論し、仕舞には抱き合って泣いていた。
「お姉ちゃんが・・・お姉ちゃんが・・・
いなくなった・・・」

心から淋しかった。
姉には過食嘔吐の悩みなど打ち明けたことはないけど。
秘密を共有することで、繋がっている、と思っていた。

しかし、姉は出て行った。
確実、なんてモノはどこにもない。

ますます虚無感が広まり、ただ過食嘔吐することが生きてる証のような
もの。

その頃には指では吐き切れず、歯ブラシを咽喉に突っ込んで吐いていた。


posted by naka at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | 放浪記(序章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。