◆メンタル系の治療に強い治療院、セラピー、カウンセリングのスポンサー様紹介です◆

神奈川県のたかや治療院さん・・・オステオパシーや鍼灸で痛みやアレルギー治療がメインですが、うつやパニック障害、不安感、イライラを治療しています。

東京のほとりさん・・・ポラリティセラピーというセラピーで痛みやメンタル系の治療をおこなっています。

メンタルボディケア吉祥寺・・・自律神経失調症、パニック障害、うつ病を薬を使わず根本改善させています。

2013年09月30日

自律神経失調症の夏

病院から追い出された?私にはひどい副作用が待っていた。
朝起きる、2,3歩歩く
と、同時に意識がふわーっとして、幻想的なものが見え、
・・・気付くと倒れている。
いかも、ドラマや映画のように俯せに倒れるのではなく、
バッターン
と、仰向けに倒れ、後頭部をひどく打ってしまう。
時には、台所まで行ったところで倒れ、
ゴミ箱の鋭角部分に顔がつっこんだらしく、
気が付いた瞬間
「顔・・・怪我した・・・?」
髪を見るのが恐ろしく、10分は倒れたままだった。
頬に傷がついた。

まるっきりお腹も減らず、動けず
何とかダンナの夕食を作るのみ。
気持ち悪くて味見もできないので、全てレシピに合わせる。

10Kg減った。
ツライ8月の日々。

薬の後遺症が、こんなにも顕著に表れるとは・・・。

死にたくとも死ねず、眩暈に苦しむ日々。
何も口にしたくない。

辛かった。

眩暈については、その後大学病院2か所によって検査したが、
「寝ている状態から起きるとき、普通は血液が頭に行くのだが
それができない」
簡単に「自律神経失調症」
で済まされてしまった。



posted by naka at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | 苦しい結婚生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

自殺の後遺症

何となく、救急車に乗った気がした。
目覚めると、病院。
どこの病院かも解らない。
そして、私はスペシャルハイになっていた。
同室(2人部屋)にしつこく話かけ、
「肩が楽になるわよ」と言われ
湿布を看護士に出させた。

やがて、異常に気付いた隣人がカーテンをピッチリ閉めてしまった。

翌朝、壁にゲジゲジ虫が這っているのを見た。

多分、薬物の退薬症状だったのだ、と思うが。
とにかく、ゲジゲジ虫が恐かった。

救急だったため、その昼には退院を余儀なくされた。

「しばらく、入院させてください!」
何度もお願いしたが、無表情な看護師が
首を横に振るばかり。

モトダンの車で退院。
その頃には、薬による躁状態は収まってた。

その代り、悪夢のような後遺症が待ち受けていた。
posted by naka at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | 苦しい結婚生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

社会的に除外

この頃も、何回かバイトを見つけていたが、
少しでもストレスになると、もう行かなくなる。
本当に、「お前は社会人か!?」
「いえ、気ままな主婦ですもの」

という状態が続いた。
クリニックは飯田橋にあったが、薬をもらいに行くにも面倒で、
近くのクリニックから、薬のみ処方してもらえるようにしておいた。
飯田橋のクリニックに行く時は、モトダンが車で連れて行ったくれたが
「オレも診てもらおうかな・・・」
と、言いだし、ますますクリニックへ行くのが億劫になった。

その頃、建築会社の「積算」のバイトがあり、
雇ってもらえるようになった。
私に最適な、細かい作業で楽しかった。

しかし、食生活は相変わらず。
次第に体が重く、起き上がるとふらつきや眩暈がひどく、
とてもではないが、仕事を続ける気力と体力が失われていった。

やりたい仕事だったのに・・・。

自分の健康管理もできない人間が、社会で働くことができようか・・・?

クリニックで処方された2週間分のクスリ。

私は、アルコールといつもの夜食を摂った後、
その薬をビールで胃に流し込んだ。

その後は、何も覚えていない。
posted by naka at 12:34| 東京 ☀| Comment(0) | 苦しい結婚生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。